K.O. website Title
capture



1. ソフトの概要

 Music Center for PC Version 2.0(ソニー製) のプレイリストを保存(エクスポート)するソフトです。(Version 1.0 には対応していません)
 表示されているプレイリストから好きなものを選んで保存することができます。
 既定では音楽ファイルの絶対パスをプレイリストに記述するので、PC上の他のソフトからこのプレイリストを読み込むことができます。
 また、音楽ファイルパスの先頭の部分(音楽ファイルの保存先フォルダーの部分)については、相対パスや任意のパスで記述することができ、この場合はスマホなどにプレイリストを転送して利用することができます。(但し、Music Center が保管する音楽ファイルを、フォルダー構造そのままの状態でスマホなどにコピーできることが条件です。)
 プレイリストファイルについては、拡張子、文字コード、改行コードを指定することができます。
 また、プレイリストの内容については、拡張情報(#EXTINF)の有無、フォルダー区切り文字('\'または'/')などを指定することができます。
 これらの設定を保存しておくことも可能です。

 

2. 動作環境

Windows 10, Windows 8.1, Windows 7

.NET Framework 4.7以上がインストールされている必要があります。

 

3. インストール・アンインストール方法

(1) インストール方法

以前のバージョンのMCenterPListSaveが既にインストールされている場合は、まずアンインストールを行ってください。※(Windows 10 の場合は、スタートメニューを右クリック → アプリと機能をクリック、で表示されるアプリ一覧にMCenterPListSaveがあるので、これをクリックし、表示されるアンインストールメニューを選択します。後は画面の指示に従ってください。(Windows 8.1, Windows 7 の場合は"プログラムの追加と削除"からアンインストール可能です。)

MCenterPListSaveXXX.zip(XXXはバージョン番号)をダウンロードし、解凍します。解凍してできるMCenterPListSaveXXXフォルダー内にあるsetup.exeをダブルクリックすると、インストールが始まります。後は画面の指示に従ってください。
インストールが終わると、スタートメニューのアプリ一覧にMCenterPListSaveが追加されます。デスクトップにはショートカットが作成されます。
インストール後は、MCenterPListSave.zipと、解凍してできるMCenterPListSaveXXXフォルダーは必要ありませんので、削除してください。

(2) アンインストール方法

Windows 10 の場合は、スタートメニューを右クリック → アプリと機能をクリック、で表示されるアプリ一覧にMCenterPListSaveがあるので、これをクリックし、表示されるアンインストールメニューを選択します。後は画面の指示に従ってください。(Windows 8.1, Windows 7 の場合は"プログラムの追加と削除"からアンインストール可能です。

※バージョンアップ時の注意
バージョンアップすると、各種設定を保存しているファイル MCenterPListSave.inf(インストール先フォルダーに存在します)も初期状態に戻ってしまいます。
MCenterPListSave.inf を残すにはアップデート前に、"ツール" → "アプリ設定ファイルのコピー" → "このアプリのフォルダーからデスクトップへコピー" を実行しておき、アップデート後に、"ツール" → "アプリ設定ファイルのコピー" → "デスクトップからこのアプリのフォルダーへコピー" を実行します。

 

4. 使用方法
デスクトップのショートカットをダブルクリックするなどしてアプリを開始します。
アプリを開始すると、最初に必要な情報の読み込みが行われます。読み込み処理後、プレイリストが表示され、アプリが操作可能になるまで、しばらくお待ちください。

(1)アプリが起動したら、まず最初に設定項目を入力・選択していきます。プレイリスト表示部分より下の部分が設定項目の入力エリアになります。

[プレイリストの保存先フォルダー]
作成したプレイリストの保存先フォルダーです。既定ではデスクトップのPlaylistフォルダーになっています。
保存先フォルダーはプレイリストを保存するだけなので、どこでも構いません。"..."ボタンをクリックして、好きなフォルダーを選ぶことができます。

[既存プレイリストの上書き]
既存プレイリストと同じ名前のプレイリストを書き込むときの動作です。以下の3つから選択します。

 ・上書きしない
 ・連番を付けた別名で書き込む
 ・上書きする

●これ以下の設定項目は"設定セット"として保存しておくことができます。画面上では薄い色の四角の領域になっています。
各項目は、選択肢から選択するか、またはチェックの有無を選んでください。(曲ファイルパスだけは直接入力です)

なお、"設定セットの適用"をクリックすると、既に保存されている設定セットが表示されます。ここから設定セットを選択すると、すべての項目が一括入力されるので便利です。

設定セットの項目は以下のとおりです。

 [拡張子] m3u, m3u8
 [文字コード] UTF-8(BOM付き), UTF-8(BOM無し)
 [改行コード] LF, CR+LF
 [拡張情報(#EXTINF)] "(出力しない)", "秒数,タイトル", "秒数,アーティスト - タイトル"
 [コメント行を出力(情報があるとき)] チェックの有無を選択

 [曲ファイルパス] 以下の項目から選択。プレイリストに音楽ファイルパスをどのように記述するかを指定します。

  現在のパス
    現在のパスを絶対パスで指定します。

  相対パス 'Music\[アーティスト]\[アルバム]\[曲]'

Music Center for PC(以下Music Center)が保管している音楽ファイルのパスの、Musicフォルダー以下の部分を記述します。
Music Center が保管していない音楽ファイルの場合(つまり、別の場所にある音楽ファイルを Music Center が参照している場合)は、相対パスの記述は行われません。
この条件で作成したプレイリストのコピー先は、Musicフォルダーと同位置(プレイリストとMusicフォルダーは同じフォルダー内)になります。
この条件で作成したプレイリストを利用するためには、利用する機器(スマホなど)へ、Music Center が保管する音楽ファイルを、フォルダー構造が同じ状態でコピーする必要があります。
(フォルダー構造の必要最小限のコピーについては、後述する"プレイリスト保存情報ログ"に出力される"プレイリストの曲ファイルが参照するフォルダ一覧"も参考にしてください。)

  相対パス '[アーティスト]\[アルバム]\[曲]'
Music Center が保管している音楽ファイルのパスの、Musicフォルダーより下層の部分を記述します。
Music Center が保管していない音楽ファイルの場合(つまり、別の場所にある音楽ファイルを Music Center が参照している場合)は、相対パスの記述は行われません。
この条件で作成したプレイリストのコピー先は、[アーティスト]フォルダーと同位置(プレイリストと[アーティスト]フォルダーは同じフォルダー内)になります。
この条件で作成したプレイリストを利用するためには、利用する機器(スマホなど)へ、Music Center が保管する音楽ファイルを、フォルダー構造が同じ状態でコピーする必要があります。
(フォルダー構造の必要最小限のコピーについては、後述する"プレイリスト保存情報ログ"に出力される"プレイリストの曲ファイルが参照するフォルダ一覧"も参考にしてください。)

  指定パス([アーティスト]より上層のパスを指定)
他の機器の特定のフォルダーへプレイリストをコピーする場合などを想定した項目です。
メインウインドウに指定パス入力欄が開くので、ここに"[アーティスト]より上層のパス"として指定したいパスを入力します。
プレイリストのコピー先は、指定したパスによって異なります。

 [フォルダー区切り文字] \, /
 [相対パスの先頭にフォルダー区切り文字を付ける] チェックの有無を選択

(2)設定セットを入力した後は、プレイリストの一覧表示(メイン画面の上側)の方で、保存(エクスポート)したいプレイリストにチェックを付けます。
なお、プレイリストをダブルクリックしたり、Enterキーを押したりすると、プレイリストの内容を表示するウインドウが開きます。

(3)"プレイリストの保存"ボタンをクリックすると保存が始まります。保存が終了すると、"プレイリスト保存情報(ログ)"ウインドウが開きますので、ここで保存状況を確認できます。
実際にプレイリストの保存が行われたフォルダーを開くには、"プレイリストの保存先フォルダー"項目の右端にあるボタン("保存先フォルダーを開く"ポップアップが出るボタン)をクリックします。

 

5. 設定セットの編集について
メニューの"ツール" → "設定セットの編集"をクリックすると、設定セットの編集画面が開きます。
この画面で、現在メイン画面に入力されている設定セットを登録することができます。
一旦登録すると、メイン画面の"設定セットの適用"から登録設定セットを選択することにより、簡単に設定項目を一括入力できます。

 

6. 免責事項

本ソフトウェアの製作者は、本ソフトウェアの使用により生じた損害に関していかなる責任も負わないものとします。